豊原功補出演「TOKYO VICE」 アカデミー賞®監督マイケル・マン×超豪華日本人俳優が結集!

2021年9月16日 9:00

東京を舞台に贈る、超大作ドラマシリーズ!
【渡辺謙、菊地凛子、そして伊藤英明、笠松将、山下智久ほか】
アカデミー賞®監督マイケル・マン×超豪華日本人俳優が結集!

総製作費 88 億! WOWOW 初のハリウッド共同制作オリジナルドラマ
『TOKYO VICE』2022 年【春】独占放送・配信決定!

数々の名作ドラマを生み出し続けるWOWOWとHBO maxが共同制作する『TOKYO VICE』は、東京で警察担当の新米記者として赴任したジェイクが特ダネを執拗に求めて危険な裏社会へと踏み込んでいく様を描いた、全8話の超大作ドラマシリーズ。
エグゼクティブ・プロデューサーとしても参加し第一話を監督するのは、伝説の TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」を製作し、『ヒート』や、アカデミー賞監督賞ほか7部門ノミネートの『インサイダー』、『マイアミ・バイス』などの名匠マイケル・マン。「私たちは90年代終わりの大都会東京の本当の姿を浮き彫りにした作品を作りたいと思っている」とその強い想いを語っている。

主人公のジェイクを演じるのは『ベイビー・ドライバー』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされ、スティーヴン・スピルバーグ監督版『ウエスト・サイド・ストーリー』の主演にも抜擢されたハリウッド次世代スターの筆頭格、アンセル・エルゴート。そして敏腕刑事「片桐」役に、『ラスト サムライ』や『硫黄島からの手紙』、『インセプション』、『追憶の森』など、世界がその実力を認めるトップスター渡辺謙、ジェイクの先輩記者「丸山詠美」役には、『バベル』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、『パシフィック・リム』や『47RONIN』などのハリウッド映画でも活躍する菊地凛子が出演。更にこの度、追加の日本人キャストが発表された。自らの立場を利用して暗躍する刑事「宮本」役に、『海猿』シリーズや『22年目の告白〜私が殺人犯です〜』、連続ドラマW『トッカイ〜不良債権特別回収部〜』などで数多くの主演を務めてきた伊藤英明。ヤクザ組織千原会の一員「佐藤」役に、『花と雨』の主演やドラマ『君と世界が終わる日に』、『全裸監督』シーズン2などで輝かしい活躍を見せる笠松将。そして、人気No1のカリスマホスト「アキラ」役には『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』や、ハリウッド映画『THE MAN FROM TRONTO』、米仏日共同制作ドラマ「Drops of God/神の雫(仮)」で主演を果たすなど海外でも活躍する山下智久のレギュラー出演が決定。
さらに、ヤクザ組織千原会の組長「石田」役に菅田俊、 対立するヤクザ組織の組長「戸澤」役に谷田歩、高級ホステスクラブのマネージャー「デューク」役に萩原聖人、ジェイク達の上司で新聞社の社会部デスク「莫」役に豊原功補の他、伊藤歩、渡辺真起子、板谷由夏、松田美由紀といった日本が誇る実力女優陣も出演。
また、監督にはマイケル・マンの他、数多くの賞を受賞した映画『37セカンズ』HIKARI、ドラマシリーズ『ナルコス』のジョセフ・クボタ・ラディカ、ドラマシリーズ『ニュースルーム』のアラン・プールも参加。バラエティに富んだ実力派監督の集結に期待が高まる。総製作費88億円で贈る超大作ドラマシリーズ『TOKYO VICE』は、2022年にアメリカはHBOmaxで配信され、日本ではWOWOWにて2022年春に独占放送・配信されることが決定した。

【あらすじ】
日本の大学を卒業し大手新聞社に就職したジェイクは警察担当に配属される。取材を重ねるうちに出会った、裏社会とも複雑な関係を持つ刑事と絆を深めていく。その刑事との家族ぐるみの付き合いを通じて日本社会で成長していくジェイクだが、一方で特ダネを執拗に追いかけながら捜査協力を行ううちに、知られざるアンダーグラウンドの世界へと巻き込まれて行く。そこには、駆け引きや裏切り、そして生々しい愛憎がうごめく、恐るべき東京の姿があった…。